読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneichanmemo

住む食う寝るに、見る書くヲタク

SMILE FANTASY!

最近は彼女たちのまわりでいろんなことが起きていて、そんな最中こんなテーマのミュージカルをやるなんて、アイドルを追いかけていると、こういった運命のような作品に出会うことがある。出会ってくれて、ありがとう。

 

以下、個々に気になったこと。

田村芽実さん

観劇前からツイッターで「個々のパートに分かれている」というのは何となく気付いていた。だからソロがあるんだろうなあと言うことはわかっていたんだけど、めいみちゃんが夢フィフだったっていうことが、なにより驚きました。そして、夢フィフの演出がとても可愛かった! 顔出し看板とか、波が来るたびジャンプしてたりとか、和風なアレンジがされていたりとか! あのままミュージックビデオにしてくれたって構わない!

めいみちゃんは、武道館あたりからすごーく女の子らしくなったなあ~って思ってて。ていうかアイドル全開の表現も出来てしまうめいみちゃんが、この舞台はすごーく可愛くて愛おしかった。そして、なにより、めいみちゃんが他の人が思う「アイドル 田村芽実」を表現していることがすごく、すごく素敵でした。

 

竹内朱莉さん

ほーんと可愛かった! チリリンは個人的にタケちゃんのイメージがすごく強かったから、なお嬉しかったし、劇中で一番泣きました。いじらしい女の子姿がね・・・そにはアイドルのタケちゃんではなくて、ひとりの、好きな男の子を好きとも言えない女の子がいて。。。もうわたしは大人になってしまったけれど、こういった恋愛が世の中にあることは、いつまでもときめかせてくれるなあって。。。少女マンガな世界がいつまでもすきで・・・

チリリンがタケちゃん、ってのは、ちょいカワ番長ツアーの時に「イケメン雑誌~」のパートをタケちゃんが歌ってたのがほんとうにツボだったから。想像してごらんよ、duetを流し読みしたあとに「彼氏に作ってあげたいお弁当」とか買ってたらさ!

 

中西香菜さん

秋元康風に言えば「スマイレージとは中西香菜のことである」と表現できるよね。いやオーバーでもなんでもなくて、、、ジャンヌもリリウムも見ていなかったわたしからすると、ヤッタルチャンは本当に感動モノでした。いつものスマイレージでの表現とは違うとしても、あんなに立派に立ち振る舞うことができるなんて!

女の子おんなのこしたかななんが見れなかったのはちょっとさびしかったけど、でもヤッタルチャン大国のくだりはすーごくスマイレージだった! スマイレージは良い意味で茶番を利用することができるようになっているなあと。前はその茶番に振り回されてばかりだったけど。でも、ヤッタルチャン大作戦はすごくスマイレージに大きいものだったと思う。

 

福田花音さん

私の心を歌うかにょんは、すごーくかにょんだった。少しさみしそうに見えた。かにょんが主役の舞台をやってほしいって思った。あんなに歌がうまくてお顔が可愛いのに、かにょんがまろになってしまうのはこういうことだなって思った。賢いかにょんがマロテスクになってしまうのは、いつも自分でキャラを作ってしまうからなんじゃないかと思うけど、それはキャラを作ってるというよりも、まわりからこういうキャラを求められているんじゃ? っていう心なのかなあって。今回の話はフィクションだからね、かにょんは求められたかにょんを演じているわけだけど、でも、少しさみしそうだなあって。でも、こういうわたしの感想すらも、私の心全然見てくれない、になるのかなあ。かにょんが主役のミュージカルとか舞台とかやろうよ。

 

和田彩花さん

乙女あやちょが可愛かったし、歌声が美しかったし、でも、それ以上に、堂々としてらっしゃった。そして楽しそうだった。でも演技だから、楽しそうな演技なんだって思うけど、それでも、まっすぐな彼女の人柄が溢れてて・・・フィクションだけど、フィクションではないよね?! って言いたくなった。

しかし、ぁまのじゃくじゃなくてもいいじゃん!!狙いすぎ!!!泣くよそりゃ!

 

勝田里奈さん

すごーく不思議な気持ちになった。一回しか観劇できていないんだけど、省エネ感を演技で出しているのかな、って思った。

省エネって言われているのを見ると、うーん、と疑問に思ってしまう。ネタになっていますが、最近の彼女は全然省エネじゃないですよねえ。まあネタなので気に留めてはなかったけど、今回の彼女のダンスを見ていると、あれっ?!と思いました。あ、ここに戻ってきているのか、とも。連日の公演で疲れているのかしらん。それでも、なんだか、うーん。まとまらない。

しかし、歌パートはものすごく可愛かった!! 勝田くんもかわいかった!

新メンバーが決まって、二期が頼もしくなっているのは事実ですが、それ以上に変に自虐に走っている感じが、見ていて少しつらくなる時があります。彼女たちがわたしにとっては主役なのに、そんな、脇役に引っ込むようなこと言わないでって。でも、それが一番本人たちも周囲も自然だって思っているのかなあ。そんなことないよなあ。

本人役ってむずかしい。いろんなことを考えてしまう。

 

・作品について

恋愛の話をたくさんしゃべるけど、最後の方に「こんな無駄なことばっかり話して」ってニュアンスの台詞があって、すごくせつなくなった。

恋愛の話は無駄なんかじゃない。だけど、その一方でわたしはアイドルに恋愛をしてほしくないって思ってる。彼女たちは彼女たちの人生を楽しんでほしい。そこに、無駄な思いなんかない。だけど、一方で変わらずにアイドルをしていてほしいって思ってる自分がいる。

スマイレージの曲って本当に恋愛の曲が多い。しかし、それを歌う彼女たちに恋愛をしてほしくないって思っているヲタクの自分がいる。ヲタクって、なんでこうなんだろ。。。と、つらくなってしまった。押し付けたくないのに、見守りたいのに、押し付けてるし、見張っている。ヲタクってとてつもない矛盾を抱えてる、と落ち込んでしまった。大げさでもなんでもなく。

だけど、彼女たちの人生を決めるのは、結局ヲタクでもなくて、彼女たち自身だって信じているし、信じるしかない。出会ってくれてありがとうって、彼女たちが心底思える場所を作ってあげたいって思ってしまう。おこがましいわ! と思うけど、それしかない。

彼女たちがアイドルをやめるときに、アイドルをやっててよかったと、そう思えるヲタクであろうと、名もなきヲタクは思います。

晴れの日もあるからそのうち雨も降るわけですけど、やっぱりやまない雨も明けない夜もないわけじゃないですか。スマイレージだいすきだなって、本当に思いました。

たぶん、わたしは6人のスキちゃんを見るのは最後だったなーって思うと、すごく不思議な気持ちだった。スマイレージを見るのも最後だったんだなって。だいすきだなあって、強く思いました。

スマイレージでいてくれてありがとう。次に彼女たちを見るときも、きっと涙してしまうのかもしれないけど、やっぱり笑顔になるんだなと確信できました。


舞台『SMILE FANTASY』テレビスポット - YouTube

 

いやしかし、もうここまで記念碑的な作品になるなら、さわやか出してくれよ笑