読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneichanmemo

住む食う寝るに、見る書くヲタク

2015年ドルヲタ以外で楽しかったこと

相変わらずの備忘録です。 

 

牧場物語 つながる新天地

牧場物語 つながる新天地

牧場物語 つながる新天地

 

 今までの人生の中で一番プレイ時間が長いゲームかもしれない。2015年頭の休みはこれしかやってなかった。現場のない土日は朝起きて3DSの電源入れてひたすらに牧場づくりに勤しんでいた。リアルに10時間くらい。あんまり考えたくない。

とにかく楽しくて、何よりもキャラクターに惚れこんでしまった・・・! 牧場物語はとてもシンプルな恋愛ゲーム要素があるんだけど、もう男キャラ全員攻略したくてたまんなかった。セーブデータふたつしか作れないし、もうキリがないからやってないけど・・本命はクラウスさんで、その次にミステルくんだった。10代の頃には全く選択肢としてなかった二人だけど。20代にもなると二次元のストライクゾーンが広がりますね。

またプレイしたいけど、もう新しいセーブデータ欲しくて困ってる。別の牧場物語買おうかな。

 

・ハイキュー 

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 17 (ジャンプコミックス)

 

 もうほぼほぼハイキューのこと考えてた。コミックス自体は去年から買ってたけど、今年は本当にハイキューばっかだった。総集編の劇場版も観に行ったけど、ヲタクいっぱいでライブビューイングみたいですごく楽しかった。キスマイの前にジャンプショップではしゃいだのもいい思い出だし、アニメも楽しんでる。

特に17巻は、青葉城西推しのわたしとしては、「もう、もう・・・!」って堪らない巻だったし、もうこれ以上ハイキューを読み進めることは出来ないんじゃないかって思った。まあ、あっさりと新刊にやられまくってるんですけど・・

CP的見方をするなら、松花とクロ月がアツすぎた。これも、松花は10代の頃に出会っても好きになるとは思うけど、クロ月はたぶん興味ない部類だっただろうな。

そう、漫画で言えば、ちはやふる29巻も、よつばとも、三月のライオンもどれもよかった・・・でも、ハイキュー17巻は本当に思い出深い巻だなあ。

 

・テニス

会社の人が「テニスやってみたいんだよね」って言うから、じゃあやりましょうかって始めた。もともと高校時代にテニス部にいて、それも割とガッツリやってて、引退するときに「わたしには運動神経もないし、メンタルも弱いし、テニスを二度とやることはないな。人間には向き不向きがあるな」って思ったものだから、まさかもう一度始めることになるとは思ってなかったけど・・・ 今では月に2回くらいテニスしてます。本当に楽しい。

あの頃、試合に勝てなきゃ部活に所属している意味はないと思ってたし、試合に勝てなかった自分はこの部活に必要ないなって感じてた。それでも辞めなかったのは意地みたいなものが9割で、本当に辞めればよかったって思ってるけど、こういう風に、ライトな気持ちでテニスを楽しめる日が来るんだから、ああやっててよかったな、と感じた。

あ、あと、ライブで腕が疲れなくなった!! 脚はライブの方が疲れます。

 

・小説 

あと少し、もう少し (新潮文庫)

あと少し、もう少し (新潮文庫)

 

 一人ひとりの登場人物がきらきらしていて、静かな感動があった。素敵なお話。

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)

 

 恥ずかしながらあんまりちゃんと読んだことなくて、でも大逆転裁判でホームズが出てきて気になって読んでみた。なんかもう普通に楽しくて、子どもの頃に戻ったような気分でわくわくした。パスワードシリーズも好きだったけど、夢水清志郎シリーズがとにかく好きだったことを思い出した。そういえば大逆転裁判も一気にクリアしたな・・今年はいつもよりゲームをやってた印象。

サクリファイス (新潮文庫)

サクリファイス (新潮文庫)

 

 友だちに勧められて読んだ本。人に勧められたものは読んでおくべきだなって思った。本当に、今更読んだんですか?って感じなんだけど・・役割を果たすことに対する充足について考えた。

今年はいつもよりも本を多く読むように意識していたけど、積んでる本もまだたくさんあるので、年内にはそういった本を全部読みたいね・・・

 

・映画

 ギャン泣き。今までこういうヒーローモノって興味なかったんだけど、本当に面白かった。そして泣いた。仮想都市の日本とアメリカが混ざった感じがとても好きだった。月並みな言い方だけど、いつまでもずっと好きだし、元気がなくなった時にはずっと観返したい。久々に映画でBD買った。

 古川くんがイケメンすぎて、ほんとにつらい。いやつらくない。でもこの映画を観て、わたしは20代の美大生ではなくて30歳の気持ちなんだなって思った。当たり前か。久々に友だちに勧めたくなる映画だった。でも、男友達には勧めたくない感じ。

 

2015年は、アイドル以外の趣味を充実させようって思ってた年で。

結局アイドルだらけだったけど、二次に対するヲタク心が再熱したのも今年だったかもな・・・って。もうちょっとアウトプット出来るように自分の中で棚卸しなきゃなって思いました。