読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneichanmemo

住む食う寝るに、見る書くヲタク

勝田さんバースデーイベント2016

勝田里奈さんのバースデーイベントに行ってきました。

前々から、彼女のことってどういう風に言えばしっかりと伝わるんだろうって思っているところがあって。彼女の言葉だけを切り取ったら面白おかしく言ってるんじゃないかと思われかねない、ってのはわかっている。別にわたしが伝えなくたってりなぷの良さはみんな知ってるだろうと思うんだけど、でもやっぱり、面白おかしいところにだけ食いついちゃうのって、ちょっと違うなって感じてて。Twitterがこんだけヲタクの常用ツールになってたら、彼女のことを見る前から「そう」なんだなって思われてしまいそうで、それが、ほんとヲタクの勝手な気持ちだけど、なんとなく嫌で。

まあ、そうなってくると、完璧なレポなんて世の中ないじゃないですか。だからこそレポは集合知だなって。じゃあ自分も、自分が思う勝田さんを、少しずつ言葉にしようって、本当に勝手に思っているんですけどね。


※※

今回の勝田さん、歌を少なめにしてファンの方々とコミュニケーションを取るイベントにしたいって仰っていた。その通りにお悩み相談コーナーで大胆且つ優しさに満ち溢れた回答を叩き出されていたんですが、もう一つひとつの所作が可愛らしくった……なにより始まってからずーーーっと笑顔で、いやもう本当に笑顔で。「アアアア勝田さん可愛い……」って思って、わたしもニヤニヤしてたんですけど。

曲のコーナーで、ZARDの揺れる想いを歌う前に、「ここからはDVDには入らない曲で、来てくださったみなさんだけが聞けるということで、……っていうことはハロプロの曲ではなくて……すごく、緊張してます」と仰っていた。一回目は、確かに、ものすごく緊張した面持ちだった。わたしは、その姿を見ながら、涙ぐんでしまった。

勝田さんのお誕生日を意識するようになってから、もう五回目のお誕生日になっていた。アイドルはやっぱり制約が多い職だと思っているから、他にやりたいことが見つかったなら、すぐにステージから降りていいって思っている。それはもちろん、ヲタクだから、その時が来たらえぐえぐと泣き喚くとは思うんだけど、でも、ヲタクの事情は関係ないから、やめてもいいんだよって。

そんな中で、もう五回もアイドルとしての勝田さんのお誕生日を、お祝い出来ている。なんかもう、それって、すごいなって……13歳から18歳まで、彼女を見てきたんだなあって、見せてくれたんだなあって、すごいなあって……雰囲気がすごく変わったとは思わないし、最初から優しくては芯のある子だと思ってたけど、とても素敵なお姉さんになっていた。

揺れる想いについて、ZARDさんが好きで、その中からみなさんが知っているだろうと思って、という選曲理由を話していたときに、なんて優しいんだろうと思った。曲目を考えたときに、確かにそこにヲタクがいたんだなっていうのが、すごいなあって……

メンバーをたとえてしゃべるコーナーでも、確かに言葉だけを書き起こしたら悪口のように見えてしまうようなところがあるんだけど、それでも、その言葉やエピソードの一つひとつに、メンバーとの日々が垣間見れた。毎日を懸命にがんばってくれてるんだなあって。



自分が思う勝田さんは、本当にそのままを写していないのかもしれないし、それでも、やっぱり、好きなんだよなァ…願わくば来年も、って思ってしまうくらいには、素敵なイベントだったんだよなァ……いつだってこれが最後かもしれないって心積もりはしているつもりだけど、それでも、って思ってしまうくらいには……


f:id:oneichanmemo:20160408083000j:image

揺れるゥ…想い……
即刻楽曲配信で買ってしまった……