読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneichanmemo

住む食う寝るに、見る書くヲタク

こぶつばアネックス(たぐっちとりしゃまるとキキちゃん、時々いっちゃん)

行った現場や思ったことは残しておこう~と思ったので、書き留める。いっちゃんばっかり見てたのでその目線です。

こぶつばアネックス20日2部行ってきました。ここ数日ヲタク以外のことでバタバタしてたのであんまり情報を追えてなかったんですが、ツイッターで「集客が…」なんてことを目にすることもあって、ちょっと心配してたんだけど、わたしが入った回は後ろの方までしっかり埋まってました。ていうか、客層の男女比率が懐かしみある感じに女子が少なかったように思った。みんな、りしゃまるは良いぞ。

冒頭でメンバーが登場して、ご挨拶。そして本編では立体映像の説明から始まる。今回は会場が3Dメガネを使わなくても立体的に映像を見ることが出来るというシアターでの開催だったんだけど、慣れてくるとあんまり感動がなくなってきちゃったのがちょっと残念だった…
一岡さんが最近怒ってることは、山手線の最新型車両に自分よりも先に山岸りこりこが乗ったこと。か、か、可愛すぎか?! 最新型車両を直ぐに「E235型です」って答えたドヤッ感がたまらなかった~~
一岡さんの好きなところの一つに、話をしている人の方をしっかり見ているところがあるんだけど、今回もそれを見ることが出来て良かった。

次に朗読劇。いっちゃんは最初に説明的な文章を読むだけ。内容がホラーだったんだけど、わたしはホラーが苦手でずっと避けて生きてきてるので、ここで直面するとは…と身構えてしまった。なんでアイドルとホラーを掛け合わせてしまうのか…アイドルがキャッキャしている方が需要あるよな…? 関係ないけど、アイドルがバンジーとかお化け屋敷とかで怖がってるのを見るのも苦手。
衣装がチェックのスカートだったこと相まって、国語の時間に立ち会っているような気持ちにすらなった。りしゃまるの朗読がすごく良かったァ~いや、たぐっちもキキちゃんも素敵だったけど! キキちゃんの主人公力が遺憾なく発揮された回でもあった。

そして朗読劇が終わったところでMCコーナー。このMCコーナーの時に出てきたおじさんが唐突すぎてびっくりした! 何者?! 一人ずつ人生で一番ピンチなことを話すという内容。いっちゃんは、小学生の頃鍵を忘れて、持っていた針金的なもので鍵をこじ開けようとした話だった。なにそれ可愛い……ピュアかよ……しかも結局17時から22時くらいまで家の前で待ってたって危なすぎるだろ……知らない人に着いて行っちゃいけないっていっちゃんに教えてくれた人有り難う。
他の三名はそれぞれペットのお話。キキちゃんの飼ってるお犬さまの名前がチャーリーだと知って、ここでもその遺憾なく発揮される主人公力に驚いた。りしゃまるは迷い込んだインコ。りしゃまるはいいぞ。犬に振り回されるたぐっちも可愛い。お年玉あげたいアイドルナンバーワン。

そしてライブコーナー。キャベツ白書と青空がいつまでも~だったんだけど、ソロパートがいっちゃんだけなくて、いやそりゃ研修生だし、グループ入ってないし、アシスタント的呼ばれ方だし、むしろライブコーナーに参加してくれてるだけ嬉しいんだけど、なんかものすごく明確な線引きをされたように思った。一岡さんについてはヲタク三日目の熱量を維持したままなので、こんなことですら病む……いっちゃんはもう頑張ってくれてるから、これからどうしたらどうなるとか、そんなの誰にもわかんないんだろうけど、悔しいなあと思った。でも、確かにキキちゃんもりしゃまるもたぐっちも素敵な歌声だった。青空っていい曲だなァと何度目かわからないけど思った。青空のサビの振りが若干怪しいいっちゃんを見ながら思った。

昔は、研修生のチャレンジアクトやるくらいならそのグループの曲増やしてくれ! とか思ってたのに、今や研修生目当てなのが笑えるけど。いや笑えないけど。


そしてクイズコーナーではいっちゃんが正解。途中でたぐっちが「かわいいなつみちゃん!」って言った後にいっちゃんが「かわいいれいなちゃん!」って言い返すの、ハロヲタやってて良かったと思う瞬間だった…なつみちゃんもれいなちゃんも可愛いよ!!!!と悶えた。
いっちゃんが正解したものだから、抽選で身構えてしまったけど、もちろん当たらなかった。無欲でなければならない…と反省した。

初めていっちゃんと握手したけど、本当に本当に可愛すぎてびっくりした。わたしが質問したことに「!!!」と驚いたあと、少し含んだ顔でニヤニヤと答えてくれたのが可愛すぎた。握手出来て質問出来るっていいなァと、この大接触時代の恩恵に改めて感謝した。

と、まあ、思ったことをダラダラと長く連ねたわけだけど、イベントとしての面白みがあったかと言われたら「んん?!」って思うところも少しずつあって、ハロプロのFCイベントの爪の甘さを感じた。でも、メンバーが悪い訳じゃないし、むしろメンバーは100点だったと思う。あのおじさんの正体が気になる。

これからいっちゃんを応援するとして、悔しい思いと楽しい思いを両方味わうんだなあと改めて思いましたとさ。

僕から以上。