読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneichanmemo

住む食う寝るに、見る書くヲタク

嘘がない人

勝田さんの好きなところに、嘘がない人って言うのがあるんですけども、まあそれは今回の主題とあんまり関係ないのであれなんですが、嘘がないってなんなんだよって思うんですよね、自分でもたまに。アイドルだろうがなんだろうが、目の前の人に嘘があるかどうかなんて、本当に見抜けるわけがないでしょうって。でも、やっぱり自分は「あ、この子は嘘がないんだな」っていう、自分の直感めいたものと、目の前の人のことを信じたいなっていうかなんていうか。

それとはまた別のことで、見ていると元気をもらえるっていう、そういう魅力を好ましく思えるようになったのは、ここ1年くらいなんですよネ。自分の価値観がどんどん変わっていくことにびっくりするんですが、すごくシンプルに「あ~見ていると元気が出るな」って思えるの、すごく楽しい。ていうか本来アイドルを好きになるのはそういう理由だったのでは? と、今までの自分が間違っていたな、とすら思う。

堀江葵月ちゃんのこと、すごく好きになったのもこの1年の話で、「あ~きぃちゃん可愛い~元気もらえる~好き~」なんて、こんなひねくれたわたしでも、こんな普通にアイドルを好きになれるんだ、とびっくりしたりもした。堀江葵月ちゃんも、目の前のことが総てって思いたいアイドルだし、その爽やかさと可愛さに、なんかもうメロメロなわけですね。

そして、こぶしファクトリーを好きになったのもこの1年の話、だと思う。そもそもわたしのような、現場に数回足を運んだくらいで「好き」なんて表明するのもおこがましい気がするし、わたしはこぶし組とは言えねえなアと常日頃思ってます。疎外感とかじゃなくて、そうやって縛られるに値しないなあ、みたいな。わたし、そもそも握手がめちゃくちゃ苦手で、その上苦手なくせに上手くしゃべれないとへこむんですよ、一丁前に。でも、藤井梨央ちゃんって、本当に優しいなって握手の時、思うんですよ。しっかり目を見てくれる子だなあと思う。そしてすごく真面目というか、その分怖がりというか、いろんなことが見えているというか…なんていうか、とても応援したくなる子なんですよねこれまた。

研修生が全員デビュー出来てる世界、甘過ぎてそんなのないんだろうなってわかってるんだけど、やっぱりデビューしてほしくて…でも、いまやっぱりデビューした子の卒業だって、すごくさみしくて。ヲタクは、アイドルがアイドルを辞めることを引き止めたり出来ないし、その選択が間違いだなんてことも言えない。むしろ、その子の選択はぜんぶ正解なんだって言いたい。それすらも応援したい。でも、応援できるところにはいなくなってしまうんだよなあって。

べつに、自分が思ってるさみしさが間違いとも思わないけど、なんか中途半端だなあって思っちゃう。

嘘がない人なんて、ほんとのほんとはいないんだろうなって思うんだけど、でも、きぃちゃんもりおちゃんも、わたしは嘘がない子だなってずっとずっと思ってるし、そういう子が報われる世界であってほしいと思います。そして、報われるということが、アイドルでないとしても嬉しいんだけど、やっぱりアイドルで報われてほしいって、一番最初に思いました。今はそれしか言えないです。