読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneichanmemo

住む食う寝るに、見る書くヲタク

初めてジャニコンに行ってきたお話(キスマイジャーニー東京ドーム初日)

一年前の自分に「あなたは一年後ジャニコンに行くことになっている」って言ったらどんな顔するんだろう。笑うよりも、「え? マジで?」って引いているような気がする。Kis-My-Ft2なんてグループ名しか聞いたこともなくて、ローラースケートのイメージしかなかったのに、マジで? そうだよマジだよ。

 

キスマイにハマり始めてから早7ヶ月ほど。元気につつましく月曜はUTAGE、火曜はキス濱、水曜はキスラジ、木曜はキスブサというサイクルを繰り返していたら、あっという間にこの日が来てしまった。「あと何回キスブサ見たら東京ドーム…」と考えていたのに、もう? えっ?

 

「キスマイ面白いんですよ」と自分から声をかけたハロヲタの友人、そして実姉との3人で行ってきました。友人はジャニコン経験者で、わたしと実姉はジャニ未経験、むしろ実姉はアイドルのコンサート自体が初めてで、ほんと、なにからなにまでレクチャーいただきました。ありがとうございます。キスマイに行くと決まった日から、姉妹でずーっとそわそわしていた…w

 

・ジャニヲタは怖くなかった

これ、自分の中で、すごーくびくびくしていたことでして・・w

姉が友人から仕入れてきた「ジャニコンにジーパンで行くと「コイツなにしに来たんだ?」っていう目で周囲から見られるらしい」という情報におびえていたりとか、姉と二人で「ほんとにキスマイゴー!って言わなきゃいけないのかな・・あんなに高い声でないよう・・」と言っていたりとか・・・あとは、まあぶっちゃけジャニヲタってなんとなく恐いじゃないですか。”初めてのジャニーズコンサート”でググってみたりとか、姉と行動が同じすぎてびっくりしたりとか笑

しかしながら、東京ドームはぜーんぜんそんなこと心配しなくてよかった! たぶん自分たちと同じように初めての人たちがいたのかどうなのかわからないですけど、別にジーンズの方だっていらっしゃってたし、自分たちの目の前の人たちは家族で来ていて高校生の男の子がいたりとか。

あと、コンサート中のマナーが良かったように思いました。もっとむやみやたらに叫ぶ人がいたりするのかと思ったけど、そんなこともなかった。これは座席運によるのかもしれないですけど、少なくともわたしの周りにはそういった方はいなかった。それと、よく歌番組で見る「キャー!!」っていう声でキスマイの声が聞こえないんじゃか・・・とかも考えてたんですけど、5万5千人の「キャー!」は全然気にならなかった。笑 すごい当たり前だけどマサイも推しジャンもコールも高輝度もせーの厨もいなかった・・フリコピもないもんね・・・あったら面白いけど、そういう場じゃないですもんね。

でも、少し残念というか、「えーっ」と思ったのが、「みんな歌って~!」って煽られた時に、みんな歌う声が小さかったことだろうか・・自分が歌う声がものすごいでかいんじゃないかって思ってしまった。ハロとかポルノだとすごい歌うもんな~でもほぼ女性なんだからこんなものか~とも。自分もまわりに合わせて声が小さくなってしまった。チキンですみません。

 

・自分が思っていたジャニーズのすべてが詰まっていた

フライングで始まったりとか、花火がぱーん!ってなったりとか、トロッコで外周回ったりとか、銀テープが舞っていたりとか、あと玉森さんがステージで着替えてたりとか笑。これがジャニーズだあ!って思っていたものがすべて詰まっていた。

特にアンコールでトロッコで出てきた時の「で、でた~~~!」という感じが自分の中ですごく高まってしまい、「これがジャニコン!!」と口に出してしまったw よく考えたらポルノでもモーニングでも体験したことあったよな・・なのに、トロッコでお手振りしているのが、なんだかすごくジャニコンだったんだよな~

自分と姉ですごく不安だったのが、口パクを自分たちが受け入れることができるのか? っていうことだったんですけど、それも全然心配に思うことなかった。笑

実際にはかぶせているところとかあったんだと思うけれど、それよりも視覚情報を追うのに忙しくて、あまり気にならなかったというか・・もちろん歌ってらっしゃったしね。もちろん曲があってこそのライブなんだけど、曲はあくまで一要素でしかなくて、そこに付随していろんなことがあって、耳はひとつでいいけど目がもっとほしくなる感じ。

とにかくジャニコンって派手なイメージがあって、それを全部もろもろ体験できた感じ!

あと、いわゆるファンサしているのを見て、こんなに心穏やかになれるなんて~って驚きました。ハロだとレスしているの見て、やっぱり若干嫉妬? というか、いいな~って思ってることもあったし、軽率にレスするアイドルはあんまり好きじゃないなって思ってるし・・だけど、ファンサしている二階堂さんを見たとき、そこには嫉妬とかそういう気持ちが自分でも驚くほどなくて。「あっ、二階堂さんがファンの子に手を振ってる! あのうちわを見てる! そして自分のうちわがある方に手を振ってる!」っていうのが、たまらなく幸せな気持ちになりました・・これきっと回数重ねたらこんな風には思えなくて、羨ましいって気持ちが先行してしまうとは思うんだけど、初めてのジャニコン体験者は、自分の好きな人が手を振っているのを見ただけでときめいてしまいました笑

 

・北山さんがすごかった

女の子アイドルにはない文化がシンメだと思うんですけど、それを肌で感じたのがFIRE!!!だった。正直いちばん印象に残ってる・・・

キスマイ好きなんだっていうと、大概の人には「藤ヶ谷くんと玉森くんがいるグループ。あと中居くんとなんかやってるグループ」って言われるんですよね。北山くんの名前を真っ先に言われることって実はあんまりなくて。自分の中でも藤北とか言われてもいまいちしっくりきてなかった。

でも、FIRE!!!を見たら、「み、み、み、みっく~~~ん!!!」ってなってしまった単純な自分がいた。新規でほんとすみませんって感じなんですけど、北山さんすごかった・・・

他でも終始北山さんのアイドルっぷりがすごくて、かっこよくて、性的で、なんかもう、みっくんすごい。わたし、男性に「お前」って言われるのが本当にダメで、すごくムカついちゃうんですけど、みっくんに「お前ら騒げ~」って煽られても全然嫌な気持ちにならなかった笑 いや当たり前のことなんだけど、自分の中ではこれすごい大きなことで・・・

あ、あとFIREで言えばシンメって、こういうことかー!!!ってすごく納得がいったし、自分がいままでなーんにもわかってなかった!と気付かされました・・・

もっと「これがシンメっていうのよ?!」みたいなご意見もあるとは思いますが、いや、あれはすごかった…あの場所から見た赤白の空間を、ずっとずっと覚えておきたい・・・

 

・あってよかった双眼鏡

「双眼鏡はあった方がいい」という助言をもとに、Amazonでてきとうなモノを買っておいたんですが、ほんとにあってよかった!

40ゲートっていう結構な上の方だったんですけど、でも全体はすごく見やすい席だったんですね。サブステ?バクステはすごく近く感じたし・・

だから演出を見るのは全然よかったんです。でも、やっぱり二階堂さんのお顔が見たくて来てるわけだし、それには双眼鏡は必須だった。あと余談なんですけど、姉と友人は横尾さんファンなので、二人とも双眼鏡で同じ方向を追ってるのが面白かった笑。 それにつられて横尾さんのことも双眼鏡でじっくり見てしまった・・

 

・二階堂さん実在していた

これはまあ、当然だろって話なんですけど、二階堂さん実在してたんですよ・・開演前に「二階堂さん出てこなかったらどうするよ?」なんて話してたんですけど、でもね、いたの、二階堂さん。すーごくかっこよくて、きらきらしていて・・・

テレビとかラジオで追いかけ続けていた存在が、そこにいることって、こんなにも感動する事なんだって思った。

キスマイ全員に言えることではあるんだけど、ほんとにキスマイってキスマイなんだあって。うまくことばに出来ないけど、キスマイってキスマイの楽曲知ってるんだ、みたいな。目まぐるしく毎日を駆け抜けているから、ダンスとか歌とか、その場限りに思っているんじゃないかとか。もちろんコンサートに向けて練習しているに決まっているんだけど、自分が毎日聴いている曲を歌って踊っているキスマイを見たら、当たり前のことなのにすごく感動してしまった。

女の子アイドル、特にハロプロに関しては確かに楽曲数も多いんだけどステージ数がとんでもなく多いんですよね。毎週のようにライブやイベントをやっているから、曲も振りも知ってて当たり前じゃんって。毎週ハロステもあるし、YOUTUBEのコンテンツも充実しているし。でも、マスメディアでしか追っていなかったから、ほんとに当たり前のことにも感動してしまった。中学生かよ笑

ファンサのくだりもそうなんだけど、当たり前にそこにアイドルのキスマイがいることの不思議さな・・・「最初から遠いじゃんって?」そうです遠いです!!!!だからこそこのときめき・・・

 

あと以下は雑感。

・ペンライトが驚きの軽さだった・・でも買ってよかった。

・キスマイゴーって言わなくても大丈夫だった笑 いや言った方がいいだろうことはわかっているけど、序盤でそこまで自分自身エスコートできなかった笑 ペンラを振ることで精いっぱいだった。

・始まった瞬間の鳥肌がすごかった・・全員生きてた

・千賀さんがアイドルすぎてすごかった。髪の毛長かった。ハロと違ってブログとかないから、いつがリアルな髪型なのかとかわからないんだけど、ああ、これが現在の千賀さんなんだーって。あ、あとやっぱり千賀さんのダンスうまいしかっこいい

・トシくんかっこよすぎる。いちいちトシくんがカメラに抜かれるたびに変な声でた。でもトシくんを双眼鏡で追うことができなくて、あーもったいないことした、って終わってから思った。

・玉森くんってほんとにかっこよかったんだなって気付いた。ラストかどっかでライト倒しちゃう玉森くんなー

・一番好きなキスウマイがセンターステージだったんだけど(中央の丸いステージ)、音響設備で双眼鏡からうまく二階堂さんを追えなかったことが悔しい。でも最後にみっくんが気遣ってくれてうれしかった。でもキスウマイだけは涙涙

・ブランコの二階堂さんほんとうに姿勢が良くて笑った。すごい好きな光のシグナルだったのににやにやが止まらんかった。

・自分がわかる曲ばかりでヨカッタ。新規にやさしいセットリスト。

・だけど姉妹でだいすきなS.O.Sがなかったことだけが・・・

・曲がハーフで終わるから、情報量がとにかく多いんだよね。あっ! って思ったうちに曲が終わってしまう。そしてふだんホール紺しか行ってないからとにかく見る場所がおおい! キャー!ってみんなが騒いでいることがなにかわからないことが多かった。横尾さん好き(姉と友人)に挟まれてたから、二人がなんか驚いててもわたし二階堂さん見てたわ、とか笑

・終わった後久々に会う学生時代の友だちと飲んだんだけど、「横尾さんの魅力ってどこなの?」って聞かれて困った。今までまわりに横尾さんのこと好きな人しかいなかったから・・・だ、だってかっこいいじゃん・・・

・二階堂さんがタンクトップになった瞬間かっこよすぎてつらかった・・男性のタンクトップはないな~って思ってたのに簡単に覆される。あと笑顔Tシャツ忘れられない。売ってくれ。

・あご出てる?ってファンの子たちに聞いてる二階堂さん。

・藤ヶ谷さんのソロがすごくジャニーズっていう感じで、みっくんは真剣にやって涙ってなるなと思った。でもシンメを目の当たりにしたわたしはもうなにも怖くない。

・暗くなって衣装をその場で着るシーンが序盤であったと思うんだけど、その時にすごい二階堂さんにアイドルを感じてしまった。

・以前に中居くんがジャニーズジュニアになるみたいな番組を見ていたから、ジュニアのひとつひとつに「あれは待機!」「あれが行進!」「あれが衣装着替え手伝い!」とか思ってしまった。二階堂さんも行進の振付をしているところがあったと思うんだけど、ジュニアの子たちの方が面白かった。

・ジュニアで言えば、一曲名前も知らないジュニアの子をずっと双眼鏡で見てたんだけど(ローラーでメンバーが走ってたから追うのを諦めたタイミングデもある)、すごい元気でかわいかったしかっこよかった・・でもハロプロ研修生以上に無個性を求められている感じがして、なんというか、す、スパーク・・・

・もっと思ったことはあるのに、ことばに出来ていない感じがもどかしい・・記憶はすぐになくなってしまう。

 

コンサート中に、自分が二階堂さん好きになったきっかけって言うのが、棚からぼたもちの「み~なみみなみ(キタキタキタ!)」のキタキタキタのところで腕を振りまくっている二階堂さんだったんだよな、と思い出して、それが目の前にあることの奇跡を肌で感じた。

じわじわじわーって二階堂さんを好きな気持ちが蓄積されて、ツバサで爆発した。終わったあと真っ先に「ツバサよかったですね!!!」って言ったら友人も姉も同意してくれた! ツバサ、よかったな~。ツバサの時は、ほとんどわたし側では無い方を見てらっしゃったから背中ばっかり見てたんだけど、一回マイクスタンドをこっちに向けたことがあって、双眼鏡を持つ手が震えた・・

そしてね、ほんとに失礼な話ですけど、一度行ったら自分の中で一区切りつくな~って思ってたんですよね。熱量が一度落ち着いて、もう満足しちゃうかなって。でも、そんなこと全然なかった。もっともっと好きになってしまったし、なんかもう全員すき涙涙涙ってなってしまった。

沼にハマる瞬間なんてあっという間で、これからも応援し続けるんだなって思いました。ここは沼なんかじゃないんだってずっと思い続けながら軽率に沼につかり続けたい。夢を見せてくれてありがとう、Kis-My-Ft2