読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oneichanmemo

住む食う寝るに、見る書くヲタク

MODE感想

備忘録とネタバレと無礼な感想。

 

 

正直、アイドルの舞台を観ることが全然好きじゃない。演技が下手とかとは別に、このホンをやるからこの子たちを集めた、じゃなくて、この子たちで舞台をやりましょう、ってスタートだから、制約が多いんだろうな、とぼんやり考えてしまう。それでも極端な話、アップフロントメンバーでチェーホフやりますって言って観に行くかはわかんないんですけど。だってお堅い話とか情欲とかは、申し訳ないけど年下の子を中心にしてたってエンタメとして全然受け止められないんですよね、わたしは。あと映画でも小説でも、人の死でしか人の生の大切さを描けないのは大嫌い。あとは単純に、好きになる子が舞台で主役になることがあんまりないから見に行かない。あとは演劇女子部という、女子しかいない舞台ってのがどういうこだわり?? って思う。別問題になるけど、非カプヲタには住み難いって感じるな。

そんなわたしがじゃあなんでモード行ったんだって言われたら、ひとえに中西さんの演技を見たかったからです。椅子に座ってじっくりとアンジュルム見たかったのもある。

 

すごい色んなこと思うんだけど、終わった瞬間は可愛い!!アンジュルム好き!!!!しか思わなかった。結局それ。アンジュルム好きじゃなかったら見なかった舞台だし、作品としてとかストーリーに無茶がとか、正直それはどうでも良かった。力強い彼女たち、がんばってる彼女たち、なによりみんな可愛かったよ。あと音楽、衣装が好きだなって思った。すごくシンプルで想定外のことは何一つ起きないけど。いやこれdisじゃないよ。

世の中色んなエンタメがあるわけで、その中でこういうライトなものがあってもいいと思う。予想外のことは起きないけど。最初に強く思ったのは、サンリオピューロランドみたいな舞台。メッセージとか背景はそんなことないんだけど、可愛い曲と可愛い衣装と可愛い女の子たちがすごくシンプルに力強く訴えかけてくる。

 

でも、思い返したらあの客層で男尊女卑の世界をやるってすごいよな笑 それがアンジュルムの自由であり、武器なのかもしれないけど… あの舞台には女しかいないのにね。

でも、「女だから」ってのも、「アイドルだから」とか「社会人だから」「男だから」「長女だから」「派遣社員だから」「日本人だから」、もっと言えば「アンジュルムだから」って言われ続けることって世の中にたくさんあるわけで。誰だって誰とも同じ境遇になんていないから、評価の前提にその人の立場が入るのは当たり前なんだよね。だからそこで腐ってるんじゃなくて、やりたいならやらなきゃダメじゃん、っていういつもアンジュルムから受け取ってるメッセージを改めて再確認したなあって思った。アイドルリーマンギャル子ギャル男くん父ちゃんも母ちゃんもみんなみんなこの世に産まれたときは丸裸だからね。サンキューつんく~サンキューはたけ~たいせい愛してる~~

 

アンジュルム好きじゃなかったら観に行くことが少なくともわたしはなかった舞台だけど、見て良かったなって思うし、またアンジュルムのこと好きになったな。

 

以下雑感。

・あやちょ、ちょー強い。強すぎて、こんな人会社にいたらやりづらいな…って若干思う。だからこそ憧れちゃうんだけど…女社会にいた経験がないからそう感じちゃうのかな?! でも力強くて美しかった。

・タケちゃん。すっごい頑張ってた…! りなぷにしてもタケにしても、今まで「この2人を如何に現実と離すか?」ってのが出来てなかったと思うんだけど(前述したけど、アイドルの舞台はその子が出ることが決まってるので)、今回は演出っていうよりタケがすごく頑張ってたな、と思う。そりゃ普段からボーイッシュとか言ってるけど、それを演技で求められるのは違うと思うよ。需要に応える演技、不器用ながらも頑張ってた。

・かななん。力強くてかっこよかったよーー涙 あやちょタケかなで歌うところ、なんかジーンとした。この三人だけで歌うのって初?じゃない? 絶対もっと歌伸びる。次の楽しみ。

・勝田さん。勝田さんについてもこの役は考えられた役だなって思った。あと、やっぱりお歌とビジュアルに安定感があるのは強いと思った。もう勝田さんについては好きだから冷静になれない。愛子がいちばん可愛い。

・もーーーとにかく室田がいちばん頑張ってたと思うよ!!! ていうかこの舞台で三期のことすごく好きになった!! タケも頑張ってたけど、やっぱりお歌の研究は室田の方が進んでたかなって感じた。コミカルだけど真面目でまっすぐなこの役、たぶん誰がやってもそれなりになったと思うけど、でもだからこそむろたんで良かったなって強く思った。感想にもむろたんが良かったですって殴り書きしてきた。

・リカコにこの役とか……ここはすごくアンジュルムにハメて考えちゃったけど、リカコがセンターの時代が早く来てほしいって思った。アンジュルムは全員スタメン、全員センター感あるけど、それとは別にこの曲は誰々の曲!って明確に言える曲があってもいいよね。そこにはやっぱりリカコがいてほしい気持ちがあるな。リカコが選ばれざる者の嫉妬を演じるなんて、ちょっとこんな未来想像してなかったというか、もっと先だと思ってた。そして最後の、年上だと思ったら突然かしこまっちゃう演出、わたしは好き。人によっては蛇足と思うかもしれないけど!

・まほちゃん。こんなの見た人みんなまほちゃん好きになるだろ!!! 笑い要素をかっさらってったけど、まほちゃんって決して演技が好きとか得意に思ってるわけではないと思う…でもこういう役って誰でも出来るわけじゃなくて、ある程度の演出側の計算を超えた存在じゃなきゃだめだよね。この辺の配役、ずらそうと思えばリカコやむろたんでも良かったと思うんだけど、まほちゃんがんばった! これを機に、演技に興味が出て来たらいいな。いちばんスクリーンに映えそう。言い過ぎだけど、樹木さんみたいになれそう。

・カミコ。わたしカミコのことものすごい努力家だと思ってるんすね……メンタルとか歌声とかカミコすげーだけどここまで育てたあやちょすげーでもある。歌だって決して技量があるわけじゃないんだけど、気合いと努力で伸びてきた感じある。あと、この子アイドルでもあるけど、ほんと良い意味でフツーの女子高生と同じ感覚を感じるときもあって。たぶんハローだと金澤さんに近い感じ。人の言うことを受け止める素直さと負けん気の強さがたまらないっす……あとは、この綺麗な歌声を、がなる歌唱をせず大切にしてほしいな。

・かっさー。やけに大人びてて、この子もハマり役だったなー。やっぱり緊張してたかも。次に見るときにはもっと良くなってそうだなー

・ももひめ。はい天才。あとはアップフロント頑張って。

 

結局disみが強いブログになっちゃったけど、わたしはすごい好き!! 正直小難しいこと考えたかったらハロプロ以外の他で受け取るし、話の中の矛盾や蛇足を数えたらキリがないけど、好きと可愛いしか感じなくてすごくよかった! 毒っ気を今この子たちがやる必要ある?ないよね?って気持ちもある。ケチつけようと思えばいくらでも出てくるけど、そういうところはそもそも分けて考えたらいいんじゃないかな。

年々、まっすぐなものを見ると「ちょっと自分にはキツいっす」って避けちゃうんだけど、今回は本当に楽しく見ることが出来たな……富豪だったら全部入りたい。ひとまずあと一回は入るので、その後なにかあったらまた書く。

 

最近またしてもスマイレージに固執してばっかだったわたしだけど、よりアンジュルムが好きになったな。僕から以上。