oneichanmemo

住む食う寝るに、見る書くヲタク

推しがメジャーデビューしました

すごく正直なところ、メジャーデビューってわたしに取ってはあくまで一つのイベント的な立ち位置で、別に特別なことでもなんでもなかった。デビューする前から応援していたアイドルがいなかったからなんですが。

 

明確にデビュー組と研修生のちがいを感じたのはこぶつばアネックスのアシスタントとしていっちゃんが出演したときで、歌に参加するけどソロパートがないことに「あ、そっか」と思った。つばきファクトリーが結成されてハロコンで写真が売られたときとかもチクリとした。あと、やっぱりいっちゃんのことをどんどん、好きになっていったので、「わたしはこの子と一緒に夢を追いかけたいな」と思った。

 

その日から、今日まで、あっという間だった。デビューはわたしにとっては特別なことではなかったけど、好きなこの子を応援したいと思った。いつか、この子がアイドルを志半ばで辞めてしまったら、と思ったら、それは嫌だな。好きな子ががんばってることは応援したいな。そんな気持ち。

すごく正直な話、デビューが決まって新ユニットのリーダーになったときは最高だなと思ってたし、それから今までわたしは全然つらくなかったので、ぼやあっと日々は流れていった。ビヨーンズのメンバーが確定したときも、「わたしのオタク第二章はこの子たちと過ごすんだな」くらいに思っていて、好きになると思っていなかった。

 

それが今や、ビヨーンズの全員のことを大好きになっていて、メジャーデビューを泣くほど喜んでいるなんて、まったく不思議な話である。

 

渋谷タワレコでCDを買って店員さんから「メジャーデビューおめでとうございます」と声をかけられたとき。大型広告が青空の下輝いていたとき。インスタのストーリーズに広告表示されたとき。世界がビヨーンズのことを祝福しているかのように思った。なんだか世界がきらきらしていて、CDを買った。幸せだと思った。

 

今日のリリースイベントでいっちゃんが泣いたとき、わたしも涙がぼろぼろ溢れた。いっちゃんを好きでよかった。ずっとずっと応援してきてよかった。好きな子の夢が叶う瞬間が、こんなにも嬉しいことだなんて知らなかった。最後のDNAのとき、わたしはいっちゃんがビヨーンズでデビューすることになって本当によかったと感じた。こんなに素敵な仲間がいるグループで、これからも進んでいくんだなあ。

 

雑誌のインタビューで、いっちゃんが自分の自慢できるところに「声」と答えていた。声がコンプレックスだとずっと言っていたのに。デビューは単なるイベントではなくて、人生を塗り替える出来事なんだなあ。一生に一度しかない瞬間の一つひとつを、これからも応援していきたいな。いっちゃん、今までがんばってくれてありがとう。大好きです。

不思議の国のアリスたち

めっちゃネタバレします

 

 

 

まったく言葉がまとまってないんですが、一岡伶奈さんおたくとして、泣きそうになってしまった。

 

始まる前に「あっ、本当にビヨーンズの単独現場が始まるんだ」と思ったらじわじわと感動して、幕開けしたあとにオンリーユーオーデ組のピアノとダンスが始まったとき、「うっわ〜〜ちょっと前まで「ふつうの女の子」だったのに、ハロプロのアイドルになっている!!!」とまたしても感動した。

どんどん飛び出てくるアリスたちがどの子も愛おしくて、そんな子たちが「『アリスたち』ではなく『アリス』になりたい」と歌う姿がまたたまらなくて。この舞台でのアリスはセンターであり主役でありアイドルになりたいというあれなんだけど、テーマは「何者かになりたい」という渇望なんだよな。そして、まだ分からないかもしれないけれど、「何者かになりたい」と思う気持ちはとてもピュアなんだよなあ。

 

「何者かになりたい」

この命題に対して、「目標に向け努力をし、自分を支えてくれる友を助け、且つ自分に嘘をつかないこと」というのがこの舞台の答えなんだけど、それってもう、ピュア中のピュアじゃないですか。裏切られてもその人を愛せますか?という、、でも、これもうさ、つんくでありハロープロジェクトの魂じゃないですか。人間は嫉妬するし裏切るし悪口言うじゃん。でも、その時間もったいなくない?その分努力したほうがよくない?そしてその努力って自分だけのものじゃなくない?っていう、誇りを常に歌ってきたじゃないですか。

ふつうの女の子が何者かになっていく姿を、ハロプロを通してわたしたちは見てきたし、知っているから、だからこそ、こんなにもこの舞台が響くんじゃないかなあって思うんです。ハロオタはピュア。

でもって、この何者かになりたいという欲をすごい表層に出してくる役が、主役の夢羽以外だと、一岡高瀬なんですが。年長者がこの役を演じることにもものすごく意味を感じてしまった。何者かになるためには甘いことだけ言ってられない。それをずっと見てきた二人だから、なんというかグッと来てしまうのである。

わたしは一岡伶奈さんのおたくなので、この前のバースデーイベで「わたしなんかいなくてもいいって思うときがある」と泣きながら話していたいっちゃんが、主役の夢羽に対して「人は生まれながらに主役と脇役が決まっている。ダンゴムシは蝶々にはなれない」と言う場面に、胸が裂かれるような気持ちになった。高瀬の演技はほんとうに最高すぎて、良心と生き残りたい気持ちの狭間で揺れ動く姿に心が痛くなった。

それでも、やっぱり、ビヨーンズが好きだな、と思ったし、この子たちは何者にだってなれると感じた。それほどまでに、ピュアで努力家なグループで、お話で、舞台なのである。

 

演出もペンラも小ネタも、正直内輪向けに感じることも多かったし、ハロオタ以外にはぴんと来ないと思う。ビヨーンズに興味がない人にはつまらないかも。でも、ビヨーンズに少しでも興味がある人はビヨーンズを好きになると思う。そんな舞台でした。

鴨川シーワールドとアプガ(2)赤坂の話

最近鴨川シーワールドに行ってきた。わたしの友だちがずっとシャチを見ることが夢で、でも遠いからなかなか実行出来てなくて、ようやくのシーワールドだった。

入場してからシャチを見て、シャチの水槽を見ながらごはん食べられるレストランでランチして、シャチのショー見て、シャチのグッズ買って、もう一回レストランでシャチを眺めてっていう、ガチでシャチ推しの一日だったんだけど、その友だちずーーーっと子どもみたいにはしゃいで笑ってて。あー、この子がこんなに楽しそうなところが見れてよかったなあ、なんて思ったりした。

グッズを買ってるとき、倹約家の彼女が「こんなにもはしゃいで買っていいんだろうか」と悩んでいたので、「夢が叶った日なんだからたくさん買っていいでしょう」なんてアドバイスした。心ゆくまで買い物をして、その子がふと、「そうか、夢が叶ったのか」とつぶやいた。

帰り道にも、その子が「夢が叶ってしまった。わたしの人生は夢が叶うことばかりで幸せだ」と口にした。「叶ってばかりってどんなこと?」と聞いたら、「ダイビングでイルカと泳げたり、なりたかった職業にも就けているし」と続けた。そのとき、わたしは「ああ、ひとりの人の夢が叶う瞬間に立ち会ったのだ」と感じた。

その子とわたしはとびきり仲が良いのであるけども、とんでもない瞬間に立ち会ってしまったのではないかと思った。そして、「わたしは、こんな風に人に言えるような夢の叶ったことはあるのだろうか」とも考えた。

 

アプガ2に興味が出たきっかけは忘れてしまったけど、初めて行ったリリイベで「握手は苦手だからどうせならチェキを撮ろう」と思いいきなり全員チェキを撮った。初めて来ました〜と伝えると「人生でこんなに歓迎してもらったことはあるか?」というくらいにはしゃいでくれた。なんて良い子なんだ、と思ったし、すごく嬉しかったからそのチェキは今でも宝物である。

そして今日の単独ライブに行った。めちゃくちゃ楽しかった。曲がわかりやすくて楽しくて良いし、メンバーも笑顔できらきらしていたし、お客さんをしっかりと見ていて微笑ましかった。アイドルが笑顔でファンサする姿を見るのが本当に好きだなと思った。おたくもノリが良く楽しかった。

 

かじぃが「私の人生でこんなにも多くの人の前でステージに立つことがあるなんて、本当に考えられなかった。わたしのように冴えない女の子でもみなさんと夢を叶えられた」と涙したのがとても印象的だった。文字にすると自虐的に見えるかもしれないが、感謝や達成感に溢れた涙混じりの笑顔がとても素敵だった。そしてそのときにまた、「わたしは誰かの夢が叶う瞬間に立ち会ってしまった」と感じた。

でも、先に書いたような、孤独感にも似た感情は覚えなかった。よかったねえ、と思ったし、これからもこの子たちを見ていきたいと感じた。

 

わたしは、大それた夢もなく、毎日ただやりたくもない仕事をして、ごはんを食べ、ゲームをしたりアイドルを追いかけたり、本当になにも成し得ていない人生だけど、人を応援することは大好きだなあと思った。平凡な毎日の積み重ねだけれど、夢がないとしても、「ああ、夢を見るって言うのは良いことだなあ」と知ることが出来た。平凡な毎日もそれなりにつらいこともあるし、自分と言えば?なんてことにも今更なにも考えてしまうけれど、それでも、こんな風に気付きがあるのだから、平凡な毎日をこれからも頑張ろうと素直に思えました。本当に行って良かったし、これからもアプガ2を応援するぞ。

一岡伶奈さんお誕生日おめでとうございます

一岡伶奈さん、二十歳のお誕生日おめでとうございます。

とうとう新ユニットのメンバーも決まり、ユニット名も決まり、オーデ合格者も決まり、舞台も控えていて、本当にこれから、って感じですね。

 

久々にブログに記事を上げるんですが、一岡伶奈さんのこと、本当にこの1年もずーーーーっと大好きなままだった。面白いくらい好きなままだった。ブログも毎日読んで、今日は何してるんだろうとか考えたり、鉄道関係の仕事があったり、ヤンタン出たり。一つひとつを着実に進んでいく姿が大好きなままだった。

その分、いっちゃんの悩みが透けて見えるようなときがあった。決して表に出す人ではないのだけど、それでもずっと見ている分、ああそりゃそうだよな、と思うことが多かった。

 

※※※

 

おたくのわたしとは関係なく、最近は仕事や人間関係がもろもろしんどすぎることが多かった。初めて「本当に会社に行きたくない」と思ったし、ぼろぼろになりながら仕事をした。わたしは自分の誇りを心に持っていたのだと気付き、この誇りを折られてしまったのだ、と感じることがあった。わたしの味方などどこにもいないのだ、と孤独を感じてどうしようもなかった。

そんなときでも、わたしはいっちゃんのブログを読み、ユーチューブの公式動画を見て、なんとか自分を保っていた。

 

人生に絶対的味方がいないとして。

これからも、わたしは一人で生きていかなければならないとして、それでも今のわたしは、「一岡伶奈さんを応援している自分」が好きだ。自分のことを好きと思ったことなど一度もなかったけど、いっちゃんのファンをやっている自分は悪くないなと思う。

 

二十歳を迎えたいっちゃんは、これから色んなことがあって、きっとたくさんの悩みもあり、どうしようもない日々を迎えることがあるのかもしれない。

だけど、わたしは、いっちゃんが二十歳の今にアイドルでいてくれることに、とんでもなく人生を助けられている。味方がいないと感じる日があっても、いっちゃんを好きな自分はなかなか良いなと、心の支えにして生きていける。

そんな魅力があなたにあるのだと、伝わればいいのだけど、、、

 

初めてのバースデーイベントに参加できることが、夢のようで、まだまだ全然実感がなくて。

明日、わたしがもし泣いてしまったら、そんなわたしを笑ってほしい。そんなわがままで格好の悪い大人でごめんね。でも、二十歳の今に、ハロプロのアイドルでいてくれることに、わたしはとんでもなく助けられています。

いっちゃんがいつも言うように、これからもいっちゃんがアイドルを楽しんでくれたらいいな。笑顔で、いっちゃんがこの1年を楽しんでくれることを祈っています。だいすきです。

 

f:id:oneichanmemo:20190224224853j:image

 

いっちゃんが紹介していた聖橋。

行くつもりだったわけじゃないけどたまたま近くを通ったときにテンションが上がった。いっちゃんのおかげでほんとうに世界が広がってる。

 

晴れの日があるからそのうち雨も降る、という一節がとても好きで、このことばを知ることが出来ただけでも、ハロオタやっててよかったなって思う。

わたしにも、雨が降ったとしても、晴れの日が必ず来るわけだから、そう思って毎日がんばろうと思います。

研修生発表会もみじ

備忘録

1.本気で熱いテーマソング(全員)

音源はかなり聴いてたけど現場で見るのは初めてだった。あまりにも予想外のところからだったので、この時点で「優勝では、、」と思った。確かどセンターに山田苺クンがいたので、いちたんかわいいよぉ、、と気持ちの悪いおたくになってしまった。

2.エイティーンエモーション(全員)

6スマのおたくとしてかなり思い入れのある曲。6スマの完成形だったなって今でも思う、、。イントロが流れた瞬間から涙出そうになった。

3.FOREVER LOVE(全員)

呼び覚まされし°C-uteおたくの血、、しかもやじすずのパートが全部27期っていうのがもうむり!!!!感情が!!!!!ばくはつ!!!!みんな良い表情でやっていたのも良かったな〜マイダーリン隊多すぎわろた。

4.眼鏡の男の子

ハロコン入ってないから初見だったんだけど、それなりに楽しいとわたしは思いました。研修生の演劇パートはやっぱり好みがわかれるのかしらん。りか様、合唱団の時の経験が生きてる!!最高!!!と思ったし、やっぱりどこか演劇女子部感あるのがハロプロ新世代の新ユニって感じした。みんなダンス上手すぎません?だけど、わたしは前ここがイケメン枠に収まるのはまだ許してないからな、、前ここは可愛い枠だからな、、、

5.ためらいサマータイム

心が浄化されるような時間だった。金光ちゃん可愛い。

6.春恋歌

わたしの嫌いな「エモ」ということばを使わざるを得ない。いやいやいや、春恋歌にユリヤがいるのはエモすぎでしょ?!?!わたしは上野、みつばち先生がめちゃくちゃ好きなのと、ハロプロ研修生という組織がめちゃくちゃ好きなので、あのユリヤがここまでになったということに感動した。しかも、それが春恋歌だということが素晴らしくないですか、、日比ちゃんがパート多かったのもよかった!

7.初めてを経験中

いちおかさんのこと大好きだなってことしか考えられなかったです。こんな風にだれかを愛するってはじめての経験だけど、初めてって君に伝えてない、まさしくそれでしかないじゃんね、、

8.ぁまのじゃく

島倉土居って加入後の動画ではめちゃくちゃ怒られてる二人だったのに、なんかもう立派になってこの場にいることがすごい。出頭さんは最高です。

9.都会っ子純情

袖からパッと現れて、「素直に本性を、、」と話し始めた米村さんでおたくのボルテージが上がってくのがすごくわかった。小野琴、ひとつもソロパートなかったのが悔しかった、、でも、ダンスめちゃくちゃ上手くなってた、、すき、、ずっと応援する、、

10.すき焼き

楽しかったのであまり記憶がないです。

 

11.YEAH YEAH YEAH

楽しかったわけではないですがあまり記憶がないです。MC明けというタイミングはベストだったのではないでしょうか。

12.テーブル席空いててもカウンター席

この辺りからほぼ小野琴しか見てなかったんですが、この曲の振り付けの小野琴めっちゃ可愛かったなー、、そのため、演劇パートの子たちが誰なのかさっぱりおぼえていない。東京で見る。

13.Crying

最高の曲なのであまり記憶がないです。ソロパートだれだったっけ、、全員曲のソロパート、土居ちゃんが結構増えてたな、という印象です。というか全体通して27期が強い。

14.女の園

これを見るためにハロプロ20周年記念オーデとかいう存在があったのだと感じた。オーデ直後のジェラシージェラシーはみんな揃ってなくて、頑張ってるだろうけど、、という感じだった、のだけど。28期は既に辞めてる子もいるし、ほかのアイドル番組に出てる子もいるし、新ユニに選ばれることもなかったけど、しっかり頑張ってるし、こんなにちゃんと女の園が出来ることに感動した。ハロプロの未来を支えてくれ、、!!としか思えない。後半で先輩たちが出てくると、やっぱり研修生って最高なんだよな、と感じてしまった。

15.目立ってDo Dance

最高の曲なんだけど、どうしたってこの曲はきーちゃんなんだよなあ〜すっげーたのしかったです、、

16.Rainbow

良い曲。

 

17.念には念

18.ダンスでバコーン

19.一丁目ロック

なんか降臨があったりなんなりして、あと楽しすぎていまいち記憶が定かでない、、初めて通路席の降臨を味わったんですが、それまでの記憶がすべて吹き飛びますね、、ハハハ、、、

推しが二十歳になった

勝田里奈さんお誕生日おめでとうございます。

長いので、興味がある人だけ読んでください。

 

勝田さんのこと、前まではちゃんとりなぷーって呼んでたんだけど、いつの間にか勝田さんと呼ぶようになっていた。勝田さんは可愛い女の子だけど、いつだって自分をしっかりもっていて冷静な女性だったのだから、さん付けになっても当然だと思うけど。でも、やっぱり可愛い女の子だなあ、なんて思います。

最初に行ったバースデーイベントは、14歳だったと、思う。わたしが大学を卒業した年?だったかな。会社から指定された資格試験を受けて、そのままパシフィックヘブンに向かったような気がする。時間軸がさっぱりなのであれなんですけど、そのときは「わたしよりももっとりなぷーのこと好きな人たくさんいるだろうに、わたしが当たって良かったんだろうか、、」なんて思ってた。そこで、りなぷーのことをじっくり見て、なんて可愛くて面白い子なんだろうって思ったんだった。そしてその翌年はバースデーイベントが外れてしまって、「わたしが当たらないで誰が当たってんの???」なんて意味の分からないことを思うくらいには勝田さんのことが好きになっていた。(この時、ファンクラブから落選者対象に未入金者枠の救済電話がかかってきたんだけど、わたしはその電話に出られなくて、1時間後に折り返したら他の人に決まってしまっていたのだ。仕事をしていたことを悔やんだ。)

 

それからなんやかんやと勝田さんのことを密やかに応援していて、気が付いたら、勝田さんは二十歳になっていた。

 

勝田さんのこと、いつでも肯定できていたわけじゃなくて、「それはどうなんだろう」と思うこともあった。だけど、いつでも勝田さんは正しくて、何より可愛かった。勝田さんは強い、なんて思うこともあったけど、勝田さんはそれよりもずっと優しい。強いんじゃなくて、自分をしっかりと持っている。でも、それが自信があるということではないこと。それを履き違えちゃいけないな、と思ってる。努力を見せない人だけど、努力していないわけじゃない。多くを語らない人だけど、なんの考えもなしになにかをやっているわけじゃない。勝田さんが、勝田さんの選んだもので積み上がってきたもの。それを、わたしは、客席から見ていたい。そんなことを、勝田さんが17歳くらいのときから、考えていた。その頃から、勝田さんって呼ぶようになっていたように思う。

 

勝田さんが選んだもので出来ているもの、勝田さんの好きなもの、努力をして勉強していること、優しさ、可愛さ、素直さ、そういったものを、見続けてきていたら、勝田さんは二十歳になっていた。とても、きれいな心のまま、今もステージに立つことを選んでくれている。

 

勝田さんってね、努力もするし優しいし、なにより運を持ってる人だから、たぶん結構いろんなことが出来ると思うよ。年下を甘やかしてる勝田さんも、年上に甘えてるりなぷーも、とっても可愛いよ。勝田さんは自分の好きなことをやっているように見えて、実はそんなに自己評価が高くないなって感じる時がある。勝田さん、今までしっかりとがんばってきたじゃん。勝田さんが本当に自信を持って、自分のやりたいことを選択出来る日が来ることを、おたくは、おたくらしく、差し出がましく、思っています。わたしも、そんな勝田さんを見ていると、毎日をがんばろうと思います。

 

春になると、勝田さんの季節だなあと思うようになってから、こんなにも長いこと、応援させてくれてありがとう。

これからも、密やかに、勝田さんを応援していこうと思います。

 

 

 

一岡伶奈さんお誕生日おめでとうございます

一岡伶奈さんお誕生日おめでとうございます。

そして、18歳の一岡さん、ありがとう。18歳の年齢のいっちゃんを応援できたこと、とても嬉しく思います。

 

誰かのことを好きになるってのは、自分が変わったんじゃなくて、暴かれたような気持ちになりますね。これを運命なんて呼ぶのか、運命と呼びたいのか、わたしはどちらでもないような気がしますが、そもそもの巡り合わせはすべていっちゃんが毎日をがんばってくれたおかげなんだと思います。明日も明後日も好きになるんだと思うし、いっちゃんを好きになったわたしは、とても幸せです。

 

自分語りになってしまうけれど、わたしは何かを好きになるとき、先回りをしてあまり好きにならないようにしよう、なんて考えてしまうことがあります。めちゃくちゃ重い女だと自覚しているので、重くなりたくない、みっともなくなりたくない、の気持ちが非常に強いです。何かを好きになって、情けない女になりたくない、そんな心持ちです。

でも、いっちゃんを好きな自分のことは、他の自分よりも好きになれたような気がします。直接的にいっちゃんからなにをされたわけでもないのに、こんなこと思っちゃうこと自体が重い女を表しているようなものだけど、でも本当にそうなんだよな。いっちゃんの存在がわたしの心を支えてくれています。普段のTwitterを見ている人はお気付きかもしれませんが、いっちゃんを好きなわたしはとてもポジティブで、ちょっと変なくらいに幸せです。最高です。

 

この1年の思い出、いっちゃんから米を買ったりデビューが確定したり初めてのハロコン、初めてのハロショ写真、ハロプロ研修生発表会、ラジオ、カウコン、全部が夢のように楽しかった。新ユニットの件が何も決まっていないことについては、いろいろと思うことがあるけど、それに勝るくらい、この1年は幸せでした。こんなに楽しくて満たされることがあるんだなって、今更思いました。おたくも人生もそこそこの長さなんだけど、それでもこんなに暴かれてしまうことがあるんだなって。

 

18歳の一岡さんも、19歳の一岡さんも、どっちもすごく大好きだってあとから思うんだろうな、っていう確信めいたものを感じます。

 

明日も明後日も、一岡さんの未来には希望しかないね、そう思ってこの1年を過ごします。それをいつか、一岡さんに直接伝えられたらいいな。